2017年はこの手帳でいこう!〜メモ編〜

手元にEDiT A5 DailyがないときにEDiT B7 Dailyを使う!

2017年はこの手帳でいこう!〜メモ編〜

EDiT B7 Dailyを持ち歩いてメモを取ろう!

EDiT B7 Daily

2017手帳・スケジュール帳【メール便なら送料無料】【EDiT1日1ページ 2017年1月始まり B7変型(ETB)】スープル/マークス

仕事中や出先、プライベートでのおでかけの時にも何か思いついたり、大事なことはメモをしたい。

昨年はNOLTY ポケットカジュアル1を使いました。

今年はもっとたくさんのメモを書き込めるようにEDiT B7 Dailyを使うことにしました。

手帳にメモを書くということは。

NOLTY ポケットカジュアル1であれば、ウィークリーダイアリーのページにメモを書き込んでいました。

見開き左側に1週間分の日付が入っていて、右側は罫線ページになっています。日付のところにメモを書き込んで、書き切れない場合は右側の罫線ページに書き込んでいました。

日付欄にメモを書き込むというのはとっても便利なんです。何が便利かって。

いつ書いたものなのかがわかるんです。

そのメモっていつ書いたのか?ってわかるのはとっても便利なんです。あ〜・・そういえばあのとき・・って感じで記憶がよみがえってくるって感じです。

それをさらに強化しようかと。

1日1ページのメモ欄があれば!

メモを書く部分を1日1ページに増やせば絶対便利!って思って、EDiT B7 Dailyにしました。

EDiT B7 Dailyの不便なところ・・・。

実は、EDiT B7 Dailyの不便なところもあるんです。

ペンホルダーがついていないんです。

去年使ったNOLTY ポケットカジュアル1はペンホルダーがついていました。ボールペンをはさんでいたんですが、EDiT B7 Dailyにはペンホルダーがないので・・ペンホルダーになるクリップをつけてみました。

あとはちょっと厚みがあるのが気になるところですが・・・。今年はこれでいってみようと思います。

まとめ

EDiT B7 Dailyを使ってみよう!

日々の思いつきやメモを取るときに使う手帳をEDiT B7 Dailyにしました。

メモを日付別に振り返ることができるのってとっても便利。日付からそのときの記憶がよみがえってきます。

不便なところも・・・。

ペンホルダーがないのがちょっと不便ですが、ペンホルダーの代わりになるクリップを取り付けてみました。

今年はEDiT B7 Dailyを使って行こうと思います。