ナチュラムへアジングロッドの修理依頼をしてみた。

TICT(ティクト)SRAM UTR-67smrを修理依頼してみました。

SRAM UTR-67smrを修理依頼

アウトドア&スポーツ ナチュラムで買ったアジングロッド。ネット通販で買ったものってどうやって修理依頼するんだろう?ってところからスタートです。

ティップが折れちゃったんです。

2013年10月に買って1回しか使っていないのに・・ティップが折れちゃった・・・。

アジングって面白そう!って思って、どんなアジングロッドが良いのかいろいろ調べました。TICT(ティクト)ってメーカーが良さそう!って思い、SRAM UTR-67smrってアジングロッドにしました。ちょっと高価なアジングロッドです。時々一緒に魚釣りに行く先輩からは、「ロッドなんて手の延長だから何でもいい!そんな高いロッド必要ない!」なんて言われています。そんなアジングロッドですが、なかなかアジングに行くことができず、結局1回しか出番がなかったんです・・・。

2回目のアジングに行ったら・・折れてたんです。運搬中に折れたみたいです。

昨年、家族で新潟へ出かけた時にアジングロッド(SRAM UTR-67smr)を持って行ったんです。ちょうど台風が近づいていて天気もイマイチだったんですが、風は強いもののアジングロッド(SRAM UTR-67smr)を使ってみよう!と思って自作ロッドケース(雨どいで作ったもの・・・。)から出してみたら・・ティップが折れてるじゃないですか!しかも粉々に・・・。これはショックでした・・・。自作ロッドケースの無力さにも、ガンバって買ったアジングロッド(SRAM UTR-67smr)が折れたのも・・・。あまりにショックでそのまま放置していました。

ナチュラムの修理センターへ問い合わせフォームから連絡。

ナチュラム 修理受付フォーム

しかし、来月、11月に福井県の若狭湾へいくことになったので、アジングしたいなぁ・・なんて思って修理を依頼して見ることにしました。まずはどのくらいの費用がかかるか知りたいなぁなんて思って。

メーカー保証書がないので、21,000円かかるそうです。

昨年もナチュラムへ連絡だけはしたんです。その時には金額の連絡がありませんでした。気になっていたのは保証書が見当たらない・・ってことです。高いロッドだったのに保証書が見当たらないんです。どこへいっちゃったんだろう・・・。保証書がないというのを連絡してどのくらい費用がかかるのか問い合わせをしてみました。ナチュラムの問い合わせフォームから修理の依頼ができます。

修理した方が安いけど。新しいの買った方が手軽だなぁ。

新品で買うと3万円ちょっと。修理をすると2万円ちょっと。修理をしたほうが安いのは確か。でも、ナチュラムへ送るのが大変だなぁ。自作ロッドケース(雨どい)に入れて、中身が飛び出さないようにガムテープで止めて・・って感じで送って大丈夫かなぁ・・・。11月のアジング釣行に間に合うかも心配。そうであれば、新しいのを買っちゃうのも手かも。なんて悩んでいます。でも、もったいないので、いずれ修理には出そうと思っています。

まとめ

自作ロッドケースが悪いのかなぁ。

結局、原因は自作ロッドケース(雨どい)だったのかなぁ。プラスチックの雨どいを切って100均で買った机の足用靴下をかぶせただけの自作ロッドケースがダメだったのかなぁ・・・。

メーカー保証書は保管しよう!

メーカー保証書が残っていればもう少し安く修理ができそうな感触です。詳しくはわかりませんが、メーカー保証書がないから通常の修理価格21,000円だよ!って感じの連絡でした。

買ったときのケースは残した方が良いのでは?

ロッドを買った時に入っていたケースってどんなやつだったか忘れちゃったけど、そういうケースって残しておいたほうが良いのかもしれません。こういういざって時にりようできそうです。

アウトドア&スポーツ ナチュラム

スポンサーリンク
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク